小規模の葬儀

家族葬という形式について

近年、葬儀そのものの規模が縮小傾向にあります。昔ほど人付き合いが盛んではないこともその原因のひとつで、参列者が少ない葬儀が増えているのです。その一方で、あらかじめ参列者を限定して葬儀を行う方も増えています。家族葬と呼ばれる小規模での葬儀です。 家族葬という呼び名はもともとはある葬儀社が使用したことから広まったものです。今や全国津々浦々、ほとんどの葬儀社が家族葬に対応しています。文字通り家族のみで見送る葬儀のことを指しますが、厳密な定義はありません。故人のきょうだいや古くから付き合いのある方など、親しい方のみの少人数で行う葬儀のことを家族葬ということもあります。葬儀社で設定されている家族葬向けの葬儀プランでは、人数による制限はあるものの、どのような方が参列するかは遺族の判断で構成することができるのです。

事前に準備を行う必要も

家族葬と一口に言っても、実際は同居する家族以外の方が参列することも多いものです。こうした参列者の内訳については、生前から話し合っておく必要があります。まず、家族のみで葬儀を行いたいという場合は、親戚一同の同意が必要です。しかし、中にはどうしても参列したいという要望が出ることも少なくはなく、そうした場合はご遺族が譲る場合が多いのが実情です。ご親族に心残りがないようにするためです。 また、本人の希望を優先することも大切です。ご家族とはなじみの薄い方でも、ご本人にとっては大切なご友人もいます。差し支えなければ、本人にどうしても声をかけたい方がいないか生前から話し合っておくとよいでしょう。なお、参列をお断りする方には亡くなられた後に文書でお知らせします。その際、参列や香典はご遠慮いただく旨を記しますが、後日弔問に訪れる方がいらっしゃいます。そのため、若干数返礼品の用意をしておくと失礼がありません。