葬儀の事なら

うまく活用することが大事

近年は斎場を利用した葬儀が主流となっています。昔は自宅と菩提寺で葬儀を行うのが主流でした。自宅を使用した場合は近所の方々にお手伝いを頼んだり、地域密着の持ちつ持たれつの関係で行っていました。 それが、斎場を利用するようになり、激変しました。斎場ではそこで働いている方々がお手伝いしてくれるのです。大概が葬儀社と斎場が密接につながっている場合がほとんどです。ですので、それをうまく活用することが重要になります。 斎場では、葬儀全体を行うことができるため移動などが少なくてすみます。また、食事などもそこで提供してくれるサービスまでありますので、活用するのが望ましいです。葬儀では様々なことが起こりがちです。ですから、斎場のように常にかかわっているプロがいるととても心強くなります。

現在の斎場はどのようになっているのか

現在の斎場の相場は一般的な大きさで30万円くらいの費用がかかります。もちろん部屋の大きさや設備によっても大きく異なります。場所によっては、10万円くらいで貸してくれる場所もありますし、100万円以上かかる場所もあります。 斎場と一言でいってもお寺も斎場という場に含まれます。その為、お寺で葬儀を行った場合にはその金額が少なくなる場合もあります。それは、菩提寺との交渉次第となります。生前にどれほどお寺に貢献したかが重要になってきます。 お寺に貢献というのはお金がかかることだけではありません。どれだけお寺の為に動いたかが重要なのです。その為、葬儀の費用だけでみるのではなくどれだけお寺に貢献したかで費用を算出すると納得いく金額が導きだされると思います。